読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子主婦の読書キロク

30代主婦で腐女子が読んだ漫画やら小説やらをを淡々とキロクしていきます

【BL感想】女王と仕立て屋 スカーレット・ベリ子 仕事頑張ろうって元気をくれる

あらすじ

その店のスーツを身につけたものは成功を収めると言われている骨董通りにある仕立て屋・SHIDA。 仕事の合間に店を訪れたインテリア・デザイナーの城野大海は、強面の無愛想な男と出会う。彼こそが伝説の仕立て屋・志田だった。 仕事に誇りを持つ志田の姿に、仕事で行き詰まりを感じていた大海はあこがれ、惹かれていく――。

意地っ張りのインテリアデザイナー×強面の仕立て屋の恋。

※一部ネタバレを含んだ感想になりますので、ご注意ください。

日々生活する場所の設定が細かくてたまりません。

今や電子書籍BLといえば、スカベリ子先生なくしては語れないですよね。
実は、「みのりの手 」などは意外とハマらなくて、「四代目・大和辰之」もそこまで…という感じだったんですよね。

でも最近連載始まった、「ジャッカス!〜触っていいって誰が言ったよ?〜」がなんかドツボでそんなわけで、こちらも購入してみたら、これが大正解!!

思ったんですが、スカベリ子先生は生活設定が細かいですよね。インテリアとか間取りとか。

こちらの作品では、仕立て屋志田さんのおうちのお庭だったり、インテリアだったり設定が素晴らしい。

ジャッカス!のほうでは、住んでいるマンションの家庭菜園と料理とか。

なんだか、小池田マヤ先生の作品を読んでいるような、あ、BLだからよしながふみ先生かな。いやでもこういう住んでいるところの設定って主人公達を身近に感じながら憧れにもなって、漫画には是非欲しい部分なので、嬉しくて仕方ありません。

そういう部分をもっと見たいからスカベリ子先生には是非もうちょい長めの作品描いて欲しいですね。

女王様は攻めです。

で、中身の話なのですが、BがLする部分は割とあっさりしていて、どちらかというと才能ある若いインテリアデザイナー大海くんのお仕事の葛藤物語だと思います。

お仕事モノとして読むと、大海くんを通して頑張れ、頑張ろう!って応援したくなる元気をくれる作品です。

日曜の夜に読めば、月曜日の憂鬱も吹き飛ぶ感じですね。

お仕事に関する悩みは普遍的なものだし、特に才能があればこそと思います。

そんな大海くんが女王様なのできっと受なのだろうと思って読み進めると、実は攻でそしてどんどんかっこよくなっていってしまって…(笑)

スカベリ子先生は、「四代目・大和辰之」でもそうだけどそっちが受なんだ(笑)って思わせてくれますよね。

でも、志田さんのバスローブ姿がエロすぎるので、受で間違いなし!とあっさり納得してしまいましたwww

もう受が目つき悪いのはスカベリ子先生の様式美ですね。

出てくる女の人が強くてかっこいい

当て馬じゃないけど、大海くんの仕事仲間・村上さんやお姉さんが出てきて二人に波風を立ててくれるんですが、どちらの女性も強くてしなやかでかっこいい。

ムカつかないというのがすごい。

特に最後の方で、村上さんが「あんたみたいなタイプは自信がないない言いながらそれをエネルギーに伸びていくタイプだから、一生自信なんてつかない」って言ってるところが本当によかった。

村上さんの言うとおり、自分を変えてくれる人(しかも良いほう)に出会えるなんて素敵なことだよね。

お姉さんはお姉さんで、志田さんの弱みみせない恋愛姿勢を正してあげて…。

出てくる女の人みんないい…ッ!

最後は、志田さんの家(最初に褒めまくったあの家!)でたぶん二人は同棲したのかな?

その家から大海が出かけていくところで終わるんですが、それを見ると私も仕事頑張ろうって勇気をもらえます。(今は主婦だけどなwww)

BLじゃなくても楽しめる素晴らしいお仕事漫画でした。

女王と仕立て屋【コミックス版】

女王と仕立て屋【コミックス版】

女王と仕立て屋【コミックス版】

[著]スカーレット・ベリ子