読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子主婦の読書キロク

30代主婦で腐女子が読んだ漫画やら小説やらをを淡々とキロクしていきます

【BL感想】イトウさん冥花すゐ この後二人は幸せになれたのか…?

イトウさん (EDGE COMIX)
イトウさん (EDGE COMIX)
posted with amazlet at 15.11.25
冥花 すゐ 茜新社 (2015-05-29)

コミックレンタで今人気のイトウさんを読んでみました。冥花すゐ先生は一般名義でも活動されていて、今回はじめてのBL本らしいのですが、すいません。先生の一般名義が分からず…。調べてみたのですが、誰か分かる方いらっしゃったら教えて下さい。

イトウさんってタイトルで一体何なのかとおもいきや、まさかのアサシン×男娼というカップリングでございます。

あらすじ

毎週火曜の夜、娼夫・キョウスケのもとに通い夜明けまで他愛のないことを語り、帰ってゆく謎の男“イトウ”。ある日、アタッシュケースに一杯の札束を持って「仕事をやめて好きなことをしてほしい」とキョウスケに手渡そうとするが……。闇社会に鮮血と硝煙の舞う、美しきノアール・コミックの旗手、“冥花すゐ”初のBL単行本で登場!!

こういう内容なので、絵柄や雰囲気が排他的ディストピア系ですね。  

しかしそういう作品には珍しくあまり痛々しいエロが少ない…。そういうのが苦手な人には大変読みやすいと思います。

(と思ってるのが私だけかもしれませんが…)



個人的には、こういった作品なのでもっともっとぐいぐい絶望感を出しすぎくらいいってもよかったかなと。残念に思いました。



1話の完成度があまりにも高く、それ以降の話に物足りなさを感じてしまった方ももしかしたらいるかもしれません。



第一話はエグさもディストピア感も最高でございます。



2話以降は、イトウさんがキョウスケを守るため一般人を手に掛けたことで組織に追われ逃避行が始まります。

最終話で、イトウさんはキョウスケの記憶を忘れてしまうのですが、キョウスケは記憶を無くすことを拒否して薬を使われて命を断つことを選びます。生まれて初めての恋の記憶を無くしたくないというキョウスケ。意外と乙女でキュンキュンします。



最終的に2人がどうなったのかは読者の想像に委ねる形となり、もっと続き読みたいよー!と欲求不満になりますw



しかし男性の肉体の描き方など惚れ惚れする場面も多く、次の作品も楽しみですね。



一緒に収録されている「cage」という作品は、イトウさんの比じゃないくらいのエグさなので、(いわゆるSMモノです)この作品こそ好き嫌いが分かれると思いますが、主人公あいるちゃんの女王様ぶりが素敵すぎてたまりませんでした。



エグい作品が作者の方が好きなのかなと思うのですが、できれば是非明るい作品も一度見てみたいなー。



これからがとっても楽しみです。


イトウさん

イトウさん

イトウさん

[著]冥花すゐ