読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子主婦の読書キロク

30代主婦で腐女子が読んだ漫画やら小説やらをを淡々とキロクしていきます

【BL感想】助教授の初恋ケーススタディ 暮田マキネ オカン系攻ってドキドキします

あらすじ

同棲2年目の恋人に逃げられた朝陽は、父が倒れたのをきっかけに実家の定食屋を手伝うことに。そこには猫背でモソモソと食事をする十亀由鶴がいた。7つ年上の大学助教授とは思えない幼い容姿にたがわず食べ物をこぼすわ、寝落ちするわ……。そんな子供のような由鶴から「いい身体してるよね」と家政夫バイトを持ちかけられた。自分がいないと食事もおぼつかない由鶴のことが朝陽はどうしてもほっとけなくて……。

オカン系男子はやばいです

自分の仕事(研究)の事以外とんと無頓着ある意味合理性の塊とも言える受・由鶴と知り合い、元来のオカン気質が爆発する朝陽。

いやぁ…いいですねぇ。

そのオカン気質のせいで、恋人に逃げられたわけですが、割れ鍋に綴じ蓋とはよく言ったもので朝陽と由鶴はある意味お互いを補い合える人間だったわけです。

しかし、現実世界でこんなごはんも作ってお世話するのが好きな男子がいたら、間違いなく女子には大人気ですよね。
ゲイなのが勿体無いくらいですよ。

合理的とみんなに誤解される由鶴だけど

この物語では由鶴に心奪われて囚われている人間が主人公以外に二人出てきます。一人は大学時代からの親友(日置)といとこの女の子(巴)。
二人とも由鶴の何にもできなさに心配して、世話をしている間にいつの間にかハマってしまっているわけです。
二人共それは由鶴の処世術や罠だというのですが、読んでいてそれはちょっと違うのかなと。

勿論、由鶴は合理性の塊だけど、そういう自分を良としていなくて、なんとかしようと悩んでいるのです。

また、それとは別に生まれ持った魔性というか、それが人を惹きつけして執着を生んでしまうことを嘆いてもいるのではないかと思います。

そんな時に自分のことを「タイプではない」と言い切り、別れた恋人のことを思って泣く朝陽はとても魅力的に映り、自分が今まで気にしていた事柄を「そんな人じゃないよ」と教えてくれたことで大げさな言い方だと世界が変わったわけですね。

そんな人のことを好きにならないわけないんですよ、世界を変えてくれた人なわけですから。

でも最初から、朝陽には「タイプじゃない」と言い切られてるし、元恋人引きづってるしで勝ち目がない戦い。しかも言った本人は酔った勢いで喋ってるから覚えてない…悶々とします。

酔った勢いで色々してはダメ!ゼッタイ!w

それでも惹かれていく二人

そんなわけで、ゼッタイ勝ち目がないと分かっていてもどんどん二人の距離は縮まっていくわけです。

お風呂でののぼせた由鶴を助けて、水を飲ませていたら、つい気持ち良くなって唇を貪ったり、日置との関係で傷ついた由鶴を慰めてエッチしたりしちゃうわけです。

でも由鶴はそれが恋だとは分からない。

自分を好きになってほしいのに、朝陽には元恋人がいる。

もうとっくに朝陽は由鶴に恋してるのに、元恋人に未練があると想ってるわけです。

もうすることしてるのに、くぅぅ〜!!なんで分かってないの!

自分の気持ちをコントロールできないことに悩んだ由鶴は、朝陽から離れることを選ぶのですが、まさか本当に自分の住む街から彼がいなくなってしまうことにまで考えが及んでないのが可愛すぎてアホすぎてキュンキュンします。

脇役がいい味出しすぎです。

朝陽の恋の指南役・オカマのママ(名前分からず)や、当て馬拗らせ&一途・日置など脇がいい味出しすぎです。

特にママはいい事言ってる風だったのに、宮﨑駿語録だったり…(笑)

当て馬日置は、本当に由鶴に会わなければ、こんなふうにならなかったのに、でも好きと逡巡するのですが、由鶴が朝陽が街から離れたことを知って泣き出すと慰めて、本当甘い。いつかまた離れるとわかってるのに優しくしてあげるなんて…!

コミックの方では書かれてないのですが、この慰められた後由鶴は、日置のことを名前で呼ぶようになるんですね。

これって付き合ってるというか、やることやったのか?

それだけがBBAは気になっております。

もしそうだとすると、その後、朝陽にかっ攫われてマジ日置不憫。

ヨリくんは一体何しにきたのか…

途中、朝陽の元恋人ヨリくんが、朝陽の元にやってきてそのせいで由鶴が頑なになってしまうわけなんですが、ヨリくんは一体何しにきたのか…

決着つけるためと言ってるのだけど、なんとなくまぁもうちょっとここは深掘りしてほしかったというか。

ヨリくんの気持ちがわからなかったので、いい感じに話しあって改めてお別れてしてるけど、何しに来たんや!おまえのせいで(#・∀・)というささくれた気持ちになってしまいました。

でも、最後の描きおろしでは由鶴の、敏感になりすぎた乳首の治し方について相談相手になっていて、お姉さんはそれで許しました。

最後に女の子判定

BL漫画読みは女キャラ嫌いだと思ってる人も多いと思いますが、なぜか毎回女の子がカワイイかを判定する私。

今回は、由鶴のいとこ巴ちゃんかな。

ハキハキして良いキャラだし、由鶴のことを好きになりかけてる朝陽を牽制したりもするけど、ゲイを差別したりもしない素敵な子です。

描きおろしなんかでも巴ちゃんと日置のその後が描かれてないので、二人が何かしらで幸せになれるといいなと思えました。