読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子主婦の読書キロク

30代主婦で腐女子が読んだ漫画やら小説やらをを淡々とキロクしていきます

【BL感想】愛に嬲られる 本庄りえ 肉体の美しさに身悶える

あらすじ

大学生の篤は、本気の恋なんて面倒でしかないと思っていた……友人である新延の自慰行為を目撃するまでは。とろけきった表情で“痴態を見てほしい”と懇願する新延に、感じたことのない衝動を覚えてしまって――。

攻が残念イケメン&受がどエロ

攻の篤は、(表紙絵長髪の方)イケメンで女に不自由しておらず、自分が努力しなくても相手に困ることはないと思っている人。
一方の受の新延は、そんなイケメンの友人でいつもチラ見してる。
そんな様子をみて篤は、自分に気があると思うわけです。
偶然、水泳部の部室で自慰をしている新延を見て、篤は出ていこうとするわけですが、「俺のこと見てて」と言われたことで、触れないけど、新延の痴態を観察するという不思議関係が始まるというのが物語の流れです。

篤は、痴態を見せられるわけですからこれは自分に気があるに違いないという確信するのですが、実はそんなこともなく新延は付き合ってた男に家庭ができて捨てられただけだった、と。
なんていうか、この人の機微に気がついていない感じが篤、実は残念イケメンだろwwwwとちょっとおもしろかったです。

一方の新延は、一度自慰を篤に見てもらってから人(篤だけですが)に見られながら危うい場所で自慰をすることにハマります。
普段はすごく真面目に勉強もして水泳部も頑張っていい子ちゃんなのに、どエロ。
たまりませんね。

本庄りえ先生の作品は、初めてだったのですが、肉体の描き方が本当に美しいので、エロが映える…。もうそれだけで見る価値ありのBLだと思います。

特に私は、3話目の扉絵が素晴らしくてたまりません。

物語自体は、遊び慣れたはずだった攻が受に夢中になって、告白するけど、受はモテ男の言うことを信じられず…。
なんやかんやあった末に結ばれるのでした。

愛になるのはオオゴトだ

表題作の他に収録されているのは「愛になるのはオオゴトだ」という作品。
表題作の攻・篤の従兄弟で将来は医者志望の大貫と同級生・白岡の物語。
最初からくっついてるので、特に大きな事件もなく…正直これをやるなら表題作の二人の続きで1本読み切りの方がよかったなぁと…。
というのも攻・大貫が顔も良くて頭もよくて、恋愛は煩わしいと白岡付き合うまで思ってたというあたり、篤にそっくりで。
白岡と付き合うことで、そういう煩わしさも悪くないと感じるようになるという、そういうお話なんですよね。

どう考えても設定的に篤でも良かったと思う。

まぁ、単純に私があんまり受の白岡が好きじゃなかったというか、いやそれより新延がどエロでかわいかったから、続きがみたかったなぁっておもいました。

そんなわけで、おまけの表題作の絡みは最高でした。
以前の男に言われたひどいことで悩んでいる新延に「俺がちゃんと愛されているってどういことか教えてやるか」という篤…。
やっとイケメンに戻りました。

というわけで、肉体の美しさと新延くんのかわいさを堪能して頂きたい一冊でした。

愛に嬲られる

愛に嬲られる

愛に嬲られる

[著]本庄りえ