読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腐女子主婦の読書キロク

30代主婦で腐女子が読んだ漫画やら小説やらをを淡々とキロクしていきます

【ネタバレ感想】ihr HertZ 2016年5月号 囀る鳥は羽ばたかない その21

もうすぐihr HertZ(イァハーツ) 2016年 07 月号が発売されてしまうというギリギリで、囀る鳥は羽ばたかないのその21感想です。

次の22話で四巻収録分になるそうです。気がつけば、前作発売からちょうど1年ですね。

さて、21話のネタバレと感想です。

カラーが美しすぎてクラクラしちゃう!

今月号は、扉絵ナシの2Pカラーでスタートです。
前回、拳銃で傷を負った百目鬼を車の中に連れ込んで、矢代の矢代を丁寧に舐めるシーンから。
車内が狭いせいか、矢代の片足を百目鬼の背中に載せてるのだけど、その時の靴の色の塗り方がとても( ・∀・)イイ!!

ヨネダコウ先生のTwitterでもこのカラーの靴が載ってますw

百目鬼の丁寧さに焦れったさを感じたのか、はたまた他の理由か舐めずにしゃぶるように矢代は言いますが、それを聞いた途端、百目鬼は行為を中断して、自分のジャケットを矢代にかけます。

そして、車のドアをバタンとしめてでていきます。
それを見て矢代戸惑いの表情…ッ! 何も言わず、百目鬼は車を動かすのですが、矢代がちょっと動揺して震えているように見えます。何考えてるのおぉぉ。矢代。

矢代が震えている(ように見える)と百目鬼が「場所を変える」と一言。
よく考えたら、影山先生の病院の前ですからね。いきなりの行動ではありますが、百目鬼としては、矢代の想い人の近くでこういうことをするのは…いう配慮。 そして読者としては、百目鬼が喋るまで彼の行動に戸惑う矢代を見れるというご褒美ですね(笑)

ひと目の少ない高架下に移動すると、今度はドアを開けたままで行為再開です。

先ほど同様に丁寧に舐める百目鬼に、「おまえ…なんか…しつこい」とつぶやき、女じゃないんだから丁寧にやるな」と言います。
↓こちらのシーンは、Twitterでチラ見せされていたシーンですね。

百目鬼は、これで理性がポーンしてしまい、矢代の脚を掴んで自分の方に引き寄せます。

これ以上したら歯止めが効かなくなると自分を抑えようとしながらも、矢代の後ろを舐め始めます。
矢代は矢代で、慣れた行為にも関わらず、初めて百目鬼に戸惑いながら快感に身を任せて至ってしまいます。
そして、行為後のなんとも言えない表情。矢代は、先ほどかけられた百目鬼のジャケットを見つめながら、百目鬼の表情を思い出すのでした。

三角さんの漢の魅力が…

ここで、エロターンは終わりですw

場面変わって、三角さん。矢代の後を追わせていた部下から報告を受けます。
そういえば、忘れかけてたけど、七原が撃たれたりしてたんだった。エロに夢中でしたw

豪多組と平田が手を組み、三角さんを裏切ろうとしていることが伝えられるわけですが、三角さんとしてはいまいちピンときていません。

三角さんの右腕・天羽さんは、男として三角に惚れている平田にとって若頭にしたいのが矢代だったことは、裏切るにたる動機だと伝えます。
「俺との兄弟の盃じゃ足りないっていうのか」
三角さんは呟くのですが、三角さんは自分が人をどれだけ惹きつけるか理解できてないですね。
まぁ、なんかちょっとその辺り矢代に通じるものがありますが…。

天羽さんは、平田が寝返る前になんらかの手を撃たなければということを伝えますが、三角さんは「言われなくてもわかってる。ただ、胸糞悪いんだ」と。
「生かすも殺すも全員身内じゃねぇか。」

そう言い捨てます。

このセリフに三角さんがどうしてこんなに沢山の人を惹きつけるのかが詰まっていますね。
こんな裏切りをした平田ですら制裁することを躊躇う。
その男気が今回の問題の発端であり、彼の魅力なんですね。 この彼に認めてもらいたくて、認めてもらえず、矢代のヤクザとしての才能。そして、嫉妬。
そういうものがないまぜになって、今回のことに繋がったのでしょう。

そして、そんな噂の平田は掃除屋の二人から連絡がないことで、寝返ったか消されたか?と考えます。

そして、次なる一手として竜崎の女を攫ってこいと命令したところで今月はおしまいです。

いやぁ、この後どうなるんでしょうか。
まだまだ、四巻ではラブの方も組の抗争の方も決着とは遠いですね~。

5巻でどうにか?って感じでしょうか。

ihr HertZ 2016年5月号 【期間限定】

ihr HertZ 2016年5月号 【期間限定】

ihr HertZ 2016年5月号 【期間限定】

[著]山本小鉄子 : 木下けい子 : ひなこ : 宮城とおこ : 夏水りつ : 緒川千世 : 関口かんこ : ヨネダコウ : oimo : 中川カネ子 : 水名瀬雅良 : 後藤 : 鮎川ハル : 思田圭 : 北畠あけ乃 : ハヤカワノジコ : 吉田ゆうこ : 市川こころ : 佐倉しいね : 榎田尤利 : 湖水きよ : 明治カナ子